ブログ

STORE INTELLIGENCE · TING QIAN · DECEMBER 2022

[レポートシェアリング] 「2022年世界のモバイルIPゲーム市場インサイト」

『2022年世界のモバイルIPゲーム市場インサイト』レポートでは、モバイルゲーム市場におけるIPゲームの発展状況やトレンドの紹介、分析を行っています。

-JP- State of IP Games 2022 Report-Email

マルチメディア時代への進化とモバイル端末の高性能化に伴い、モバイルゲーム市場はますます競争が激しくなっており、ゲームパブリッシャーにとって、いかにプレイヤーを素早く引きつけ、長くゲームをプレイしてもらうかが重要な目標となっています。モバイルIPゲームはゲームの認知度を上げ、潜在的なユーザーを獲得するための有力な手段であることは間違いありません。『2022年世界のモバイルIPゲーム市場インサイト』レポートでは、モバイルゲーム市場におけるIPゲームの発展状況やトレンドの紹介、分析を行っています。

さらに詳しい情報については「無料で全文を読む」をクリックして、レポート全文を無料ダウンロードしてください。


モバイルIPゲームの収益は年々増加

モバイルIPゲームは2018年から収益の上昇が続いています。2020年の収益増加が最も目覚ましく、世界全体の成長率は24.5%にものぼりました。同年の収益成長率では、ヨーロッパが31.1%、中国本土が32.9%と最も大きくなっています。アメリカ、日本、韓国、東南アジアはいずれも20%を超える収益成長率を記録しています。2021年は世界のIPゲーム総収益の伸びは鈍化したものの、依然として2020年を上回り、203億ドルに達しました。

2022年1月~9月の期間、モバイルIPゲームは128億ドルの収益を上げており、Apple市場での収益はその61.7%を占めています。

-JP- State of IP Games 2022 Report(pg5)

2022年1月~9月の期間、世界のモバイルゲーム収益トップ100に24タイトルのモバイルIPゲームが入り、ユーザーの総消費額は約75億ドル、収益シェアは24.1%に達しました。このことから、モバイルIPゲームはモバイルゲーム市場の収益構成において、依然として軽視できない存在であることがわかります。

-JP- State of IP Games 2022 Report(pg6)

世界のモバイルIPゲーム市場は、2018年から2020年にかけて比較的安定し、年間ダウンロード数は一時30億に迫りました。モバイル市場は新型コロナウイルスの流行による成長ボーナスが薄れ、モバイルIPゲーム市場は2021年に初めて大きく落ち込むことになり、最終的なダウンロード数は24億となりました。

2022年第1~3四半期における世界のモバイルIPゲームダウンロード数は16億で、iOSが28.3%、Google Playが71.7%を占めました。

-JP- State of IP Games 2022 Report(pg4)


ダウンロード数ではヨーロッパ、収益では日本がトップ

日本は、膨大な数のローカルゲームやアニメのIPを保有しており、2021年にはモバイルIPゲームの収益が72億ドルと最も高い市場となりました。また、アメリカも同様にオリジナルIPのリソースが豊富なため、ユーザーは関連モバイルIPゲームに対して高い消費意欲を持っています。アメリカのゲーム市場は、現地のテレビシリーズやアメコミ、小説などのIPが主流ですが、近年は『スーパーマリオ』『ポケットモンスター』『ドラゴンボール』などの日本IPもアメリカへの進出に成功しています。

ダウンロード数では、2021年にヨーロッパにおけるモバイルIPゲームの総ダウンロード数が5億を超えました。この地域では、PC/コンソールゲームのIPが最も多く受け入れられています。また、アメリカおよび東南アジアでは、モバイルIPゲームのダウンロード数が3億を突破しました。

-JP- State of IP Games 2022 Report(pg7)


世界の高収益モバイルIPゲームのほとんどが日本からのライセンス

『PUBG MOBILE』と『Pokémon GO』が収益の高いモバイルIPゲームで、長年にわたり世界のモバイルIPゲームの収益ツートップになっています。IPソースの分布では、日本の漫画やゲームIPからライセンスを受けたモバイルゲームが世界のベストセラーの半分以上を占め、大きな影響力を持っています。アメリカのIPゲームはMarvelやスタートレックが中心で、韓国ではリネージュシリーズがランクインしています。

-JP- State of IP Games 2022 Report(pg14)

PUBGは依然としてダウンロードランキングで上位を占めています。Electronic Artsの『FIFA Soccer』は2022年の第1~第3四半期にかけて盛り返し、ダウンロードランキングで2位を獲得、3位にはMattel163の『UNO!』がランクインしました。

PC/コンソールゲームのモバイルゲーム化が顕著になっており、2022年のモバイルIPゲームダウンロード数トップ20には、2020年より2つ多い、14タイトルのPC/コンソールゲームIPがランクインしました。『PUBG MOBILE』『Plants vs. Zombies』がその代表例です。また、2022年5月にリリースされた『Apex Legends Mobile』は、2022年の第1~第3四半期のダウンロード数トップ10入りに成功し、このタイプのIPの強い魅力をさらに裏付けることになりました。

-JP- State of IP Games 2022 Report(pg13)


PC/コンソールゲームのフランチャイズがモバイルIPゲームのトレンドに

モバイルIPゲームのカテゴリ別分布を見ると、ミッドコアゲームが依然として収益貢献度の中心であることがわかります。RPGはミッドコアモバイルIPゲームの中で最も収益力の高いカテゴリで、他のミッドコアゲームカテゴリを合わせたものよりも収益貢献度が高く、39%となっています。カジュアルゲームでは、『Pokémon GO』に代表される位置情報ARゲームの収益実績が最も目を引き、アーケード、パズルカテゴリがそれに続きます。スポーツ&レーシングでは、Electronic Arts、NEXON、TakeTwoなどのフランチャイズをベースにしたモバイルゲームが人気を集めました。

ダウンロード数では、カジュアルIPゲームの市場シェアが49%で、ミッドコアゲームのシェア(35%)を若干上回りました。セガの『ソニック』関連パルクールゲームのおかげで、アーケードカテゴリのダウンロード数が最多となりました。シミュレーションカテゴリでは、『Minecraft』と『ザ・シムズ』が最も人気を集めました。ミッドコアモバイルIPゲームのユーザー分布は比較的均一ですが、ストラテジーおよびシューティングカテゴリにやや集中しています。

-JP- State of IP Games 2022 Report(pg9)

PC/コンソールゲームのフランチャイズがモバイルIPゲームの最も主要なIPソースであり、世界のモバイルIPゲームのダウンロード数トップ100のうち33%がこのジャンルに含まれます。PCからモバイルに移植された人気シューティングゲーム『PUBG MOBILE』は、長きにわたりダウンロードランキングで首位を維持しています。第2位はアニメシリーズ/映画で21%を占めています。

アメリカ市場では、PC/コンソールゲーム、アニメに加え、『UNO』や『モノポリー』など、ボードゲームIPが10%を占め、第3位にランクインしています。

日本市場はアメリカ市場とは大きく異なります。ローカルの漫画作品とPC/コンソールゲームが主なIPジャンルとなっており、この2つで72%を占めています。これは、日本の成熟した漫画・ゲーム産業と密接な関わりがあります。

一方、韓国市場は、アメリカと日本の影響を共に受けており、PC/コンソールゲームや漫画、スポーツが主なIPソースとなっています。ローカルIPとしては、主にNEXONとKakaoのPCゲームIPから成っています。

-JP- State of IP Games 2022 Report(pg10)

Sensor Towerのインテリジェンスプラットフォームについてもっと詳しく知りたい方はこちら


Ting Qian

Written by: Ting Qian, Mobile Insights Gaming Analyst, APAC

Date: December 2022