ブログ

STORE INTELLIGENCE · HIDEYUKI TSUJI · FEBRUARY 2024

日本の位置情報ゲームの年間収益は6億ドル以上で世界の約50%、ドラクエウォークは月間滞在時間10時間以上が30%以上

日本では位置情報ゲームの人気が高く、2023年の収益が6億ドルを突破しました。これは世界の位置情報ゲーム収益の約50%に相当し、同ジャンルにおいて日本は最大の市場です。また、日本では位置情報ゲームは月間プレイ時間も長く、収益トップのドラゴンクエストウォークでは10時間/月のユーザーが30%を超えています。

Hero-1

人気の位置情報ゲームはドラクエ、ポケモン、モンハンのIPを活用、アメリカの1.6倍の収益を上げる日本市場

位置情報ゲームはモバイルデバイスの特徴を生かしたジャンルの1つで、複数のタイトルがリリースされています。2023年の日本における位置情報ゲームの年間ユーザー消費額は、6億ドル以上を記録しました。これは世界の位置情報ゲーム収益の50%を占めており、日本は位置情報ゲームジャンルにおいて世界最大の市場となっています。

Revenue-Share-by-Market-Geolocation-games

Sensor Towerのストアインテリジェンスのデータによると、2023年1月から12月までの日本における位置情報ゲームの収益トップは『ドラゴンクエストウォーク』(SQUARE ENIX)で、3億ドルを記録しました。これは日本の位置情報ゲーム収益のおよそ半分に相当します。

Revenue-Top5-Geolocation-games

2位は『Pokémon GO』(Niantic)、3位は『Monster Hunter Now』(Niantic)でいずれもNianticがリリースする位置情報ゲームです。同期間のアメリカと韓国市場では、どちらも1位が『Pokémon GO』で、アメリカで3億ドル以上、韓国で1,400万ドル以上の収益を達成しました。

2023年の位置情報ゲームの収益を市場別に見ると、日本では位置情報ゲームトップ5の合計収益が6.2億ドルとなっています。一方、アメリカでは3.8 億ドルと日本の60%程度の収益にとどまっています。また、韓国では1,600万ドル足らず、中国では位置情報ゲームの文化が根づいていなようで200万ドルにも届きません。

これらのデータから、位置情報ゲームの市場は海外の主要市場と比較して、日本が圧倒的に大きいことがわかります。Sensor Towerのデータによると、2023年の日本のモバイルゲーム全体の収益において、位置情報ゲームは5%のシェアを占めるに至っています。

実際、日本のモバイルゲーム収益ランキングでも人気を確認することができます。Sensor Towerのデータによると、2023年の日本のモバイルゲーム収益トップ10では、6位に『ドラゴンクエストウォーク』、9位に『Pokémon GO』と2つの位置情報ゲームがランクインしています。

移動手段、日本発のIP、掛け持ちプレイが人気要素

海外と比較して、日本で位置情報ゲームが人気となっている要素としてはなにが考えられるでしょうか。1つは移動手段です。日本では電車や徒歩での移動が日常的ですが、アメリカでは自動車が一般的です。

こうした日本の生活習慣に合った位置情報ゲームもあります。2023年の日本の位置情報ゲーム収益ランキング4位に入っている『駅メモ! - ステーションメモリーズ!-』(g1dash)は、日本に9,000ヵ所以上ある駅を対象とした位置情報ゲームで、通勤や通学の途中でも楽しめるタイプのモバイルゲームです。

また、日本で人気の位置情報ゲームは、ゲームから派生したIPを活用している点も大きな要素です。2023年の日本の位置情報ゲーム収益トップ5において、4つのタイトルが日本発のゲームIPを活用したものになっています。すでにあるゲームから別ジャンルのゲームを展開することは容易ではありませんが、日本における位置情報ゲームでは成功している事例と言えます。

日本で人気の位置情報ゲームのユーザー分布を見ると、女性ユーザーの比率が高いことがわかります。Sensor Towerのデータによると、2023年第4四半期の日本のApp Storeにおけるユーザー分布では、いずれの位置情報ゲームも概ね男性6:女性4の比率で、2023年8月末にリリースされた『信長の野望 出陣』(KOEI TECMO GAMES)では、ユーザー比率が男性5:女性5となっています。これら5タイトルの平均年齢は35歳で、通勤・退勤時、お昼休みにプレイされていると思われます。

Demoggraphic-Geolocation-games

モバイルゲームの時間帯別滞在時間では、一般的に21:00台に滞在時間が増える傾向があります。しかし、位置情報ゲームではその様相が異なります。Sensor Towerのデータによると、人気位置情報ゲームの時間帯別滞在時間では、8:00台、12:00台に増加しており、17:00~18:00台がピークとなっています。この様子は、日本のトップ収益ランキングで上位に入る『モンスターストライク』(MIXI)と『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)との比較でもわかります。

Time-spent-by-day-Geolocation-games

時間帯別滞在時間のデータから、日中は位置情報ゲーム、帰宅後は別のモバイルゲームを楽しむ掛け持ちプレイがしているユーザーも多いことが推察できます。

また、人気の位置情報ゲームに費やした時間では、『ドラゴンクエストウォーク』が突出しています。Sensor Towerのデータによると、2023年10月から12月の日本におけるユーザーが費やした時間では1~10時間/月がボリュームゾーンですが、10時間以上/月では同作が他を圧倒しており、30%以上となっています。次に大きい『Monster Hunter Now』が15%なので、2倍程度の差があります。

Spent-time-Geolocation-games

日本は治安が良く、モバイルデバイス片手に安心安全にお出かけできる環境にあり、今後も位置情報ゲームの新作や既存タイトルがランキング上位に顔を見せるかもしれません。

Sensor Towerのストアインテリジェンスのユーザーは、過去のパフォーマンス指標に加えて、アプリ収益とアプリダウンロード数の推定値を見ることができます。本レポートのSensor Towerの収益予測は、App StoreおよびGoogle Playからのもので、ユーザー総消費額を表しています。

また、データにはサードパーティのAndroidマーケットデータは含まれておらず、App StoreもしくはGoogle Playアカウントの初回ダウンロードのみ集計しています。同じアカウントが他のデバイス、もしくは同じデバイスで行った重複ダウンロードは集計に含まれていません。ダウンロードデータは同じアプリの異なるバージョンもまとめて集計しています(例:FacebookとFacebook Lite)。

Sensor Towerのストアインテリジェンスで上記ゲームタイトルの過去のデータを検索しましょう!「ミーティングを希望」ボタンから弊社スタッフとのお打ち合わせの設定が可能です。 : https://sensortower.com/ja/demo

Sensor Towerの紹介

2013年にサンフランシスコで設立されたSensor Towerは、Twitter、Unity、Tencent、HBOなどのグローバルデジタル企業から信頼されている、データや分析環境を提供する企業です。モバイル市場のトレンド把握に役立つストアインテリジェンス、広告戦略の最適化に活用いただける広告インテリジェンスなど、デジタル分析プラットフォームとしてモバイルのあらゆる場面で質の高いインサイトと先進のカスタマーサポートを提供しています。

日本オフィスは2023年夏より東京・日暮里に移転、日本でのビジネスを強化しており、パートナー企業様も急増中です。弊社スタッフも増員しながらお客様のサポートもより強化していく所存です。

Sensor Tower - モバイル市場の羅針盤

  • メディアに関するお問い合わせ:press-apac@sensortower.com

  • ビジネスに関するお問い合わせ:sales@sensortower.com

  • ブログ・レポートの更新情報はSensor Tower Japan X(旧Twitter):@SensorTower_JP

※コンテンツを共有する場合は、「Sensor Tower」と出典を明記してください。



Sensor Towerのインテリジェンスプラットフォームについてもっと詳しく知りたい方はこちら


Hideyuki Tsuji

Written by: Hideyuki Tsuji, Mobile Insights Strategist - Japan

Date: February 2024